年末年始休みについて

本年残すところあと僅かとなりました。


本年も一年間ご愛顧賜り誠に有難く厚く御礼申し上げます。


2017年年末~2018年年始の年末年始の休みはいつからいつまでのですか?


今年2017年~2018年の年末年始のカレンダーを一緒に見てみましょう。


12月29日(金)

12月30日(土)土曜日

12月31日(日)大晦日

1月1日(月)元日(祝日)

1月2日(火)

1月3日(水)


年末年始休みをゆっくり過ごすために、注意事項を了解しなければなりません。


年末・年始における諸注意事項



①行政機関と銀行・郵便局のお休み


◆行政機関(市役所・県庁など)の年末年始休み

12月29日(金)~1月3日(水)の6連休!


◆銀行・郵便局(ゆうちょ銀行)の年末年始休み

12月30日(土)~1月3日(水)の5連休!


②飲酒について


忘年会や新年会など行事も多くなり、飲酒の機会が増えます。過度の飲酒は健康を害する危険がありますので、暴飲はやめ、節度ある行動を心がけてください。


③寒暖の差に注意


寒い季節だからこそ、暖かい室内から寒い屋外への移動や、入浴時にも注意が必要です。


④火災に注意


冬は非常に乾燥しているから、火災を引き起こしやすいです。外出時、暖房器具の消し忘れに注意し、火災防止に努めましょう!


⑤ごみ収集の日程


年末は12月29日(金曜日)まで、年始は1月4日(木曜日)から通常収集いたします。年末はごみの量が増え、収集作業に時間がかかります。大掃除は早めに済ませるようご協力ください。紙ごみは、再生紙としてリサイクルできる貴重な資源です。可燃ごみとは分けて資源ごみの日(水曜日)に出していただくようお願いします。


⑥騒音を出さない


宿舎で楽しく過ごすことはよいことですが、盛り上がり過ぎて近隣へ迷惑をかけないよう注意しましょう。また、公衆電話は近隣への配慮と共に実習生自身の安全のため、10時以降は控えましょう。


⑦自転車事故に注意


早朝や深夜など、視界も悪く路面の凍結し易い時間帯は、特に転倒に注意して、事故を起こさないよう心掛けましょう。